• 輸入住宅を新築状態の品質に保つためのポイント

    おしゃれで高性能な輸入住宅を新築で建てた後は、その品質を長く維持していくためにこまめなメンテナンスの実施を心がけることが大切です。

    浜松の輸入住宅のフレンチスタイルの情報が詰まったサイトです。

    通常国産の住宅の場合は、大体10年単位でメンテナンスを行えば品質を維持することが出来ると言われていますが、輸入住宅の場合は新築から1年で最初の点検を実施し、その後も大体1〜5年程度の短い周期で点検を行うことが必要になってきます。

    Yahoo!ニュースに関するサポートサイトはここです。

    また、日頃から住宅内の色々な場所を細目に手入れすることも品質を維持するために重要になります。


    例えば輸入した材木や無垢の木を使用している場合は、手入れを怠ると劣化しやすい傾向があり、加えて乾燥などによって収縮してしまうこともあります。そのため、普段からしっかりと絞った雑巾で拭くようにしてお手入れをすることが大切です。

    どうしても汚れが目立ってきてしまったら、布に洗剤を含ませて優しくふき取るようにしましょう。
    また、ワックスなどが施されている場合は、ワックスがけを定期的に行うことで品質を保つことができます。

    そして、少しでも不具合が見られる箇所を発見したら、早めに補修することも大切です。輸入住宅の建材はほとんど外国から輸入しているため、必要な建材を取り寄せるためにはある程度の時間がかかってしまいます。修理が必要と感じたら、早めに輸入住宅を新築したメーカーに相談して必要な建築資材の取り寄せを依頼するようにしましょう。このように輸入住宅を新築状態の品質に保ち続けるためには日常のメンテナンスを心がけることが大切です。