セルフホワイトニングのメリットデメリットとは

バナー

セルフホワイトニングのメリットデメリットとは

ホワイトニングには、歯科医院などで漂白剤を使用して行ったり自宅でマウスピースを使用して行うやり方など様々ありませんが、その中でもセルフホワイトニングのメリットとデメリットについて考えてみましょう。最近は医療機関ではないところでセルフホワイトニングを行うサロンなどが増えているようですが、本来、口腔内の治療に関しては医療資格を持った歯科医や歯科衛生士でなければホワイトにニングの施術を行ってはいけないことになっています。

そのため、サロンのスタッフが施術を行うのではなくスタッフから説明を受けたお客さんが施術を行うシステムで歯を綺麗にしていくとされています。

歯科医院の医療機関で施術を行う際に使用されるのは、過酸化水素を高濃度にした漂白剤を使用して歯を白くしていきますが、サロンの場合は医薬品を使用することができないため重層やメタリン酸、ポリリン酸などを使用して歯を綺麗にしていきます。


ただ、高濃度過酸化水素のような漂白効果は期待できず表面の汚れを取るだけなので思ったよりも効果が期待できないこともあるとされています。

では、セルフホワイトニングにおけるメリットとはどんなことが考えられるのでしょうか。

まずは、費用が安いことです。一般的な歯科医院においても審美歯科などにおいても施術を行うとなると一回で万単位の費用がかかるのは当たり前ですが、セルフの場合には一回の施術で5千円前後が相場と言われています。

しかし、セルフホワイトニングはお客さんが自分で施術を行うために人件費がかからず、大幅に費用を抑えられるという言えます。

また、歯科医院の雰囲気というのは何となく苦手という人も多いことかと思われますがセルフが行われるサロンには医療機器などもないので落ち着いた雰囲気で施術を行うことができます。

その他に、プロが使用する漂白剤の場合痛みやシミが出る恐れがありますがサロンで使用する薬剤は比較的効果が弱いために痛みが少ないのがメリットと言えます。

一方、デメリットについてはどんなことが考えられるでしょうか。

まず第一に、あまり白くならないということです。

薬剤も漂白剤ではなく歯の表面を綺麗にするだけの薬であるため、汚れや色素沈着が軽度な人であれば効果が期待できることもありますが、劇的に白くなったという実感はないと考えてよいでしょう。
そして、毎回にサロンに通って施術をしなければならないのはデメリットと言えます。

せっかくサロンに言っても結局は自分で行うわけですから、だったら自分で薬剤を購入して自宅でやった方が良いという人もいることだと思われます。


あとは、自分で施術を行う前にサロンにおいて同意書を書かされることがあります。


自分で施術を行うわけですから持ち万が一トラブルに発展しても自己責任になってしまうのです。

それを考えると、自分で施術を行うことなくプロのスタッフが行ってくれて、安全性が高くしっかりと歯を白くできる医療機関で施術をお願いした方が良いのではと考える人も多いのではないでしょうか。
このように、メリットとデメリット両方が存在しますので、よく考えた上で利用するのが望ましいと言えます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1451341584
https://4meee.com/articles/view/894039
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5507211.html

あなたの期待に応える東京の美容医療の情報サイトで情報を入手してみて下さい。

町田にある歯科に関する情報満載です。

銀座の歯科の情報が欲しい方必見です。

大阪のニキビ跡の情報をご案内しているサイトです。

内視鏡胃カメラを手軽に利用してみませんか?

Copyright (C) 2016 セルフホワイトニングのメリットデメリットとは All Rights Reserved.