トイレ交換で知っておきたいこと

Web Template

私達が毎日必ず使うトイレは、新築の場合10年程度は使用出来るよう設計されています。

逆に言えば、10年を過ぎた頃から徐々に不具合が出てくるようになります。


便器自体は長持ちするものの、トイレタンクや温水洗浄便座の寿命が先に来てしまうことがほとんどです。



また、トイレは時代とともに進化しており、現在市販されているものは従来のものに比べて8割程度水を節約出来ます。

いろいろなトイレ交換の情報が必ずあります。

決して安い買い物ではありませんが、一度交換してしまえば10年は使えるため、もし自分の家のトイレが古いと思ったら思い切ってトイレ交換をしてしまうのがおすすめです。
トイレ交換は、リフォーム専門業者に依頼するのがおすすめです。

シャワートイレを交換したら、手洗いの水が - Yahoo!知恵袋

特に、トイレ交換につよい業者に相談することで、自分の家に合ったトイレを提案してもらえます。

従来のタンク付きのトイレが良いのか、現在普及が進んでいるタンクレストイレが良いのか、自分自身では判断が難しいところは、思い切って業者に任せてしまうのが良いでしょう。


また、トイレ自体の交換と同時に、トイレの床や壁紙の交換も出来ます。トイレは毎日使う場所のため、床や壁紙が傷みやすくなっています。

また、長年使ってきたトイレを交換すると、必ずと言っていいほど「交換跡」が残ってしまいます。

予算に余裕がある場合は、トイレと同時に床や壁紙の交換もしてしまうのがおすすめです。

その場合は、トイレと床、壁紙の交換を同時に行える業者に依頼すると、後々トラブルにならずに済みます。