• リゾートホテルをイメージした遠鉄の輸入住宅

    • ヨーロッパのリゾートホテルの雰囲気を織り交ぜた、コンテンポラリースタイルの輸入住宅が遠鉄で注目されています。リゾートホテルというのはエントランスから、宿泊客を歓迎する雰囲気を作り出しており、来客を温かい気持ちにさせてくれるのが特徴です。

      そんなリゾートホテルの雰囲気の良さを参考に建てられたのが、コンテンポラリースタイルの遠鉄の輸入住宅で、照明器具の使い方までこだわりを持たれています。階段に設置されている照明を少し暗くして、落ち着いた雰囲気にしていたり、間接照明を使うといった点もリゾートホテル風のデザインで好評です。

      静岡県西部の不動産の最新情報が知りたい方にはこちらです。

      高級感のある住宅デザインだからこそ、ホームシアターを設置するにも最適な物件だと喜ばれています。

      ただホームシアターと部屋の見た目の相性が良いだけでなく、ケーブル類を壁の中に通して、ホームシアター機器周辺の見栄えを良くする事も可能です。

      遠鉄の輸入住宅であれば細かいところまでリクエストをして、ケーブルカバーなどを購入しなくても、コンセント周辺の見た目を綺麗にする事も難しくありません。


      部屋の隅々まで美しく見せるためにも、ホコリが溜まりにくい構造や、ケーブルを隠しやすい構造をリクエストしてみる事を推奨します。

      朝日新聞デジタルサポートと断言できます。

      リゾートホテルをイメージして、大型のテラス窓を設置している住宅も多く、輸入住宅から遠鉄の美しい景色を眺める事ができます。



      旅行気分を普段から楽しんでいられる、素敵な住宅の作り方として注目してみてください。

  • 土地をよく学ぶ

    • 輸入住宅を新築状態の品質に保つためのポイント

      おしゃれで高性能な輸入住宅を新築で建てた後は、その品質を長く維持していくためにこまめなメンテナンスの実施を心がけることが大切です。通常国産の住宅の場合は、大体10年単位でメンテナンスを行えば品質を維持することが出来ると言われていますが、輸入住宅の場合は新築から1年で最初の点検を実施し、その後も大体1〜5年程度の短い周期で点検を行うことが必要になってきます。...

  • 情報分析

    • 戸建て輸入住宅について

      戸建て輸入住宅とは枠組壁工法という北米や北欧から入ってきた住宅工法のことを指します。ツーバイフォー工法としても知られていますがツーバイシックスと言った2の倍数の枠材も部材として使われます。...

  • 耳より情報・学ぼう土地の事

    • 北ヨーロッパの建築技術を活かした遠鉄の住宅

      冬場に寒さに悩まされるのが嫌だという人は、北ヨーロッパの建築技術を活用して、寒気対策を行っている遠鉄の住宅がぴったりです。北ヨーロッパは冬になると一面が雪になってしまう上に、その冬の期間がとても長いからこそ、寒気対策をしっかり意識しながら建築デザインを考えなければいけません。...

    • 袋井の輸入住宅でフレンチスタイルの温かみを堪能

      温かみのある色合いをした海外住宅デザインに憧れているのなら、フレンチスタイルの住宅の色合いについて調べておく事をおすすめします。古くからフランスの住宅の壁で使われてきた、漆喰や屋根瓦などの独特な雰囲気を持つ建築材を、たっぷりと使った袋井の輸入住宅も好評です。...